私たちの研究室は、2018年10月に、日本で最も大きく国際性の高い大学の一つである筑波大学で生まれました。私たちのミッションは、 大人の脳が持つ柔軟な適応力の理解を深め、アルツハイマー病に代表される神経変性疾患や、PTSDの病態の理解と、新しい治療法の開発に貢献することです。 研究領域は記憶、睡眠、成体のニューロン新生などが含まれます。
  私たちは、多くの最先端の研究技術を縦横無尽に組み合わせ、ものごとの因果関係を明らかにすることを得意としています。そのために、自然に睡眠行動をしている動物脳内のリアルタイムイメージングや、光遺伝学、 記憶行動学、 睡眠科学などを用います。様々な共同研究者とともに、機械学習(AI)、閉ループ制御技術装置、スパコンを用いたビックデー解析を取り入れ、工学部の学生さんとともに超小型蛍光顕微鏡の開発も行っています。

 

英語ばかりで読みにくいと思われたかも知れません。これは、私たちの研究室メンバーがとても国際的で友好的な雰囲気を大事にしているからです。これまでの在籍者の出身地は、 インド、 中国、 チリ、エジプト、イギリス、台湾、タイ、フランスなど、世界中から訪れています。 このため、日常会話も基本的には英語にしています。難しく感じるかも知れませんが、慣れてくると周囲の外国人と様々な経験を共にできるようになります。そうなると、もっと彼らと話したいと思うようになります。私も、カナダに留学して帰国する直前までは、英語には本当に苦労しました。今でも勿論苦労はありますが、日常から外国人と話すことで、得られるものは大きいです。

  また、メンバーの年齢が若いことも特徴で、これまで生物・医学・工学・情報・体育・化学など、とても幅広い方に興味を持って頂きました。学部在籍中から、国際誌の論文を発表して表彰されたり、特許出願を行った方もいます。見学や短期訪問、アルバイトも受け入れています。また、経済的な支援が必要な学生さんに対しては、 状況に応じて対応が可能です。興味を持たれた方は、まずはメールで是非ご一報下さい。

 

私たちの研究分野に関心を持つ意欲的な博士研究員を求めています. 申請者は生物系の博士号を持っている必要があります. 神経科学,とくにin vivo記録あるいは電気生理学に経験のある方が望ましいです. 財政的支援を受けられる可能性もあります.

HSF奨学金
JSPS奨学金(博士研究員用)
ISRTPプログラム

私たちは研究分野に関心を持っている 意欲的なインターンシップ、卒研生、大学院学生を募集しています. また, 学生には財政的支援をする場合があります.

奨学金
HBP奨学金
JSPS奨学金(学生用)
日本学生支援機構奨学金

学位プログラム
人間総合科学研究科感性知能科学専攻
人間総合科学研究科医学系専攻

新医学専攻コースでの受け入れや, インターンシップとしての学部生の受け入れも可能です. 詳しくはContactよりお問い合わせください.

Campus in Campus initiative